介護福祉士試験対策のポイント

こころのしくみ

私たち人間の欲求を理解する上で、
「アブラハム・マズロー」の「欲求段階説」という代表的な理論があります。

 

アブラハム・マズローは、人間の欲求を以下の5段階<@〜D>のピラミッド型に階層序列化しています。

 

 

@ 生理的欲求: 生きる上での「根源的欲求」。ピラミッドの一番下層に位置します。
        食欲や睡眠欲などのように、生きる上での根源的欲求。

 

A 安全の欲求: 安定思考
        健康の維持や危険回避などのように、生命を維持するための欲求。

 

B 所属・愛情の欲求: 集団帰属
           他者から良く思われたい、会社などの集団に帰属したいなどを含んだ欲求。

 

C 承認の欲求: 認められたいという欲求
        人から認められたいという欲求。

 

D 自己実現の欲求: 創造的活動 ピラミッドの一番上層に位置します。
          自らをなすことへの欲求。

 

このうち、生理的欲求と安全の欲求を基本的欲求(一時的欲求)とし、
所属・愛情の欲求、承認の欲求、自己実現の欲求を社会的欲求(二次的欲求)と分類しています。

 

また、ほかの人や物によって充足されることから
生理的欲求から承認の欲求までを「欠乏欲求」といい、
自己によって充足されることから、自己実現の欲求を「成長欲求」といいます。