介護福祉士試験対策のポイント

こころとからだのしくみの科目の特徴

「こころとからだのしくみ」の科目の学習内容を大きく分けると、以下のように大別できます。

 

・からだの基本的な構造や機能
・基本生活動作別に見た身体機能や心への影響
・人間の基本的な心理

 

特に、「からだの基本的な構造や機能」は、
学習範囲や学習量が多く、暗記しなければならない内容も多くあります。
「人間の基本的な心理」では、欲求などの心理学の基礎部分を勉強します。

こころとからだのしくみの科目の試験対策

こころとからだのしくみの科目の試験対策としては、
学習範囲や学習量が多く、細かく学習して行くと膨大な時間が必要となるので、
練習問題集や予想問題集などで数多く出題されている項目をピックアップし、
その項目を中心的に学習するなど、効率的に勉強していくことです。

こころとからだのしくみの学習範囲と主な学習内容

こころのしくみの理解

 

こころのしくみの理解では、「人間の欲求の種類」、「記憶や思考のしくみ」について勉強します。

 

からだのしくみの理解

 

からだのしくみの理解は、とても重要な項目です。
「人体部位の名称」や「ボディメカニスク」について十分に勉強しましょう。

 

脳・骨・耳・眼・肺・心臓など、各部位の名称や構造、機能について勉強します。

 

身支度に関連したこころとからだのしくみ

 

身支度に関連したこころとからだのしくみでは、
「爪や毛髪の構造と機能」、「口腔のしくみ」について学習します。

 

口腔のしくみについては、口腔内を清潔に保持することによる効果についてもしっかり勉強しましょう。

 

移動に関連したこころとからだのしくみ

 

移動に関連したこころとからだのしくみでは、「歩行や座位保持のしくみ」や「筋力や骨のしくみ」、
「機能低下が及ぼす身体への影響」について勉強します。

 

食事に関連したこころとからだのしくみ

 

食事に関連したこころとからだのしくみの項目はとても重要です。

 

「一日に必要な水分量や栄養量」、「咀嚼運動や嚥下運動」について勉強します。

 

入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ

 

入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみの項目はとても重要です。

 

「入浴・清潔保持の種類とその効果」、「入浴によるからだへの負担」について勉強します。
適切な入浴時間や、入浴前後の留意点なども含めて理解を深めましょう。

 

排泄に関連したこころとからだのしくみ

 

排泄に関連したこころとからだのしくみは、とても重要な項目です。

 

「排尿や排便のしくみ」、「尿や便の性状」、「便秘・下痢・失禁」について勉強します。
機能低下や障害が及ぼす排泄への影響についてもしっかり学習し、理解を深めましょう。

 

睡眠に関連したこころとからだのしくみ

 

睡眠に関連したこころとからだのしくみでは、
「睡眠の生理的意味やリズム」、「疾病や障害が及ぼす睡眠への影響」について勉強します。

 

「レム睡眠」、「ノンレム睡眠」それぞれの特徴を理解しましょう。

 

死にゆく人のこころとからだのしくみ

 

死にゆく人のこころとからだのしくみでは、
「死の捉え方や理解」、「医療職との連携」について勉強します。

 

「生物学的な死」、「法律的な死」、「臨床的な死」について、
それぞれの意味を理解しましょう。

 

* 過去の問題などを見ていると、骨のしくみや心臓の構造・機能などの「からだのしくみ」と、
食事や排泄のしくみなどの「基本生活動作別に見た身体機能」が中心となって出題されることが予測できます。

 

* 「身支度に関連したこころとからだのしくみ」、「移動に関連したこころとからだのしくみ」、
「食事に関連したこころとからだのしくみ」、「入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ」、
「排泄に関連したこころとからだのしくみ」、「睡眠に関連したこころとからだのしくみ」、
「死にゆく人のこころとからだのしくみ」の項目は、「生活支援技術」と関連深い内容となっています。