介護福祉士試験対策のポイント

サービス担当者会議

サービス担当者会議は、介護保険の居宅サービス計画などを作成するにあたり、
「計画作成者」、「利用者」、「利用者の家族」、「サービス事業者」などが集まって、
利用者の状況確認、計画内容の確認、利用者の支援に関する情報の共有を行います。

 

@ 居宅介護支援の場合

 

居宅介護支援事業所の介護支援専門員は、
居宅サービス計画原案に位置づけた居宅サービス事業の担当者などを招集し、
サービス担当者会議を開催します。

 

会議では、担当者に専門的な見地からの意見を求めるなどし、
居宅サービス計画原案の内容を確認します。

 

やむを得ない理由によって、担当者が会議に参加できない場合は、
担当者に対する照会などによって意見を求めます。

 

A 介護予防支援の場合

 

介護予防支援事業所の担当職員(保健師など)は、
介護予防サービス計画原案に位置づけた介護予防サービス事業の担当者などを招集し、
サービス担当者会議を開催します。

 

会議では、担当者に専門的な見地からの意見を求めるなどによって、
介護予防サービス計画原案の内容を確認します。

 

やむを得ない理由によって担当者が会議に参加できない場合には、
居宅介護支援と同じように、担当者に対する照会などによって意見を求める事も可能です。

 

B サービス担当者会議の開催場所

 

サービス担当者会議の開催場所については、特に規定は設けられていません。
利用者などの意向に合わせて、利用者の居宅や事業所の会議室などで実施することができます。