介護福祉士試験対策のポイント

移動の介護

ベッド上の移動の介護

 

@ 水平移動

 

・介護者は利用者を移動させる側に立ち、枕を移動させる側に寄せます。
・利用者の腕を胸の上で組みます。
・介護者は、一方の手の利用者の腋下に入れて、もう一方の手を腰の下に差し込み、腸骨を持ちます。
・介護者は肩幅の広さに足を開いて、ベッド脇に両膝を押し付け、腰を下ろすと、利用者の上半身が手前に引き寄せられます。

 

A 仰臥位から端座位への移動

 

・利用者の両下肢を持ち、ベッドの端から両足を出します。
・右手を頸部から差し込み、利用者の肩甲骨周辺を支え、ゆっくり上体を起こします。
・床に足の底がつくように足を揃えて安定させます。

 

B ベッドから車いすへの移動

 

・利用者をベッドに浅く腰掛けさせ、車いすをベッドに対して20〜30度斜めに置きます。
・車いすにはブレーキをかけておきます。
・介護者は利用者の前に立って、腰をかがめ、利用者の膝を両膝で支えます。
・利用者を少し前かがみにして腕を介護者の肩に回します。
・利用者の腰へ腕を回して立ち上がらせ、静かに車いすに座らせます。

 

車いすの移動の介護

 

車いすは使用する前に、かならずブレーキの調節や、
タイヤの空気が抜けていないかなどを確認します。

 

急にスピードを変更したり、
振動を感じさせないように配慮します。

 

短時間でも、車いすを止める時には、ブレーキをかけます。

 

車いすに乗っている人に不安感を与えないように工夫して介助します。

 

@ 急な下り坂

 

車いすで下り坂を下りるのは、前向きだと乗っている人に不安感を感じさせます。
ですから、車いすを後ろ向きにして、介助者が体重を前にかけながらゆっくりと下るようにします。

 

A 車いすのたたみ方

 

・左右の足のせを上に押し上げます。
・シートを引き上げます。
・完全に折りたたみます。

 

B 車いすの広げ方

 

・少し外側に広げます。
・座席と両サイドの間に指を挟まないように注意しながら、手のひらでシートを押し広げます。

 

C 階段での介助

 

手動車いすの場合は、2・3人で、
電動車いすの場合は、4人程度で呼吸を合わせて持ち上げるようにします。
(介助は、4.5人が望ましいです。)

 

階段での上り下りは、前、または後向きで運びます。
車いすが上向きになるようにし、絶対に下向きにならないように注意します。
下げ気味にすると、乗っている人が不安になるので配慮します。

問題例

車いすによる移動の介護に関する問題で、問題集に以下のような問題がありました。

車いすによる移動の介護に関する記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 

@ エスカレーターで下る場合は、車いすは前向きのまま乗る。

 

A エスカレーターに乗る際には、車いすのブレーキを必ずかける。

 

B 電車に乗る場合は、車いすを電車に対して斜めに向け、後ろ向きで乗車する。

 

C 電車から降りる場合は、介護者が先に降りて、車椅子は前向きのまま降ろす。

 

D 不整地を走行する場合には、キャスターを上げて走行する。

正解「D」

 

@ × エスカレーターで下る場合は、介護者が下に位置するように車いすを後ろ向きにして乗ることが適切な方法です。
   この際、車いすのブレーキはかけてはいけません。

 

A × エスカレーターに乗る際には、介護者が下に位置するように前向きで乗り、
   車いすのブレーキはかけないままにしておくことが適切な方法です。

 

B × 電車に乗る場合は、車いすを電車に対して直角に向け、前向きに乗ることが適切な乗り方です。

 

C × 電車から降りる場合は、介護者が先にホームに降り、電車とホームとの間に気をつけながら、
   車いすは後ろ向きにして降ろすことが適切な方法です。

 

D 〇 不整地を走行する場合は、揺れが少なくなるように、その路面に合わせてキャスターを上げて走行します。

 

☆ 車いすでの移動の注意点 ☆

 

・ 不整地や段差がある場所では、ティッピングレバーを踏んで、キャスター(前輪)をあげます。
・ 急な下り坂は後ろ向きで降ります。
・ 電車に乗るときは、電車に対して直角に向かい、前向きで乗車します。
・ エスカレーターは、上がりは前向き、下りは後ろ向きで乗ります。
・ エスカレーターに乗るときはブレーキはかけません。
・ 短時間でも止めるときにはブレーキをかけます。