介護福祉士試験対策のポイント

ケアマネジメントの概要

ケアマネジメントの目的

 

ケアマネジメントの目的は、生活モデルでの自立を支えることにあります。
そして、自分の人生を自分で責任を持って決定して行くという考え方が下になっています。

 

ケアマネジメントの焦点

 

ケアマネジメントには、「生活の全体性」、「個別性」、「継続性」、「地域性」の4つの焦点があります。

 

@ 生活の全体性

 

健康状態や介護状況、住宅状況などが
複雑に生活全体に波及しているという認識の下でニーズを捉え、
ケアプランを考えていくというものです。

 

A 個別性

 

個人の生活はそれぞれ異なるニーズがあることを前提として捉え、
ケアプランを考えていくというものです。

 

B 継続性

 

過去の状況がどのような影響を与えるのか、
将来的にどのように影響していくかを見通し
ケアプランを考えていくというものです。

 

C 地域性

 

地域によりニーズや社会資源が異なることを理解し、
ケアプランを考えていくというものです。

ケアマネジャーの主な役割と機能

ケアマネジメントを行う上での
介護支援専門員に求められる主な役割や機能には、
「利用者本位の徹底」、
「チームアプローチの徹底」、
「居宅サービス計画等に基づくサービス実施状況のモニタリングと計画の修正」、
「サービス実施体制におけるマネジメントの情報提供と秘密保持」、
「社会資源の開発」
などがあります。

 

ケアプランの交付

 

ケアプラン原案の内容は、利用者または利用者の家族に対して説明をし、
文書によって利用者の同意を得ることが必要です。

 

ケアプランを作成した場合は、当該ケアプランを利用者及び担当者に交付します。